創作についてや、アニメやドラマ、ゲームの感想など、織人文が脳内でモヤモヤと考えたことを綴るブログです。

2018年2月13日火曜日

舞台『音楽劇ヨルハVer.1.2』

昨夜、ニコ生中継にて舞台『音楽劇ヨルハVer.1.2』を見ましたので、その感想を書きたいと思います。

こちらもタイトルからわかるとおり(?)、先日の舞台『少年ヨルハ』と元は同じで、ゲーム『ニーアオートマタ』関連のものです。
といっても、こちらは実はゲームより先でして、むしろこの舞台を元にしてゲームが造られた、に近い部分があるようです。
ちなみに、こちらの舞台の内容は、ゲームに登場するキャラクター、A2の過去話になります。

ということで、あらすじです。
遠い未来、地球は異星人の侵略を受け、人類は月に逃れており、地上にはアンドロイドたちがいて、異星人が造った機械生命体たちと戦っています。
そんな中、戦闘に特化したヨルハ型と呼ばれる新型機が造られ、衛星基地バンカーから地上への降下作戦を実施します。
でも、無事に地球に降りられたのは、二号、四号、十六号、二十一号の四人だけ。
彼女たちは、地上で出会ったレジスタンスたちと協力して、機械生命体のサーバーを破壊する作戦を実行するのですが……。

一応、ざっくりした内容はゲーム内でも出て来ますし、小説版の短編集にも載せられていたので、知っていました。
ですが、2時間30分、本当に目の離せない舞台で、いやもう、すごいの一言でした。

まず、タームαとタームβの二人が、めっちゃ怖かったです。
ゲームの方で登場するN2より怖い感じで、冒頭からすでに戦きまくりです。
次におお~っと思ったのは、ヨルハたちの衣装ですね。
ゲーム中の2Bのコスチュームを元にしたデザインではあるんですけど、スカートのひらひらが、すごく可愛かったですv

主人公の二号の外見は、モロに2Bって感じで、しかも演じているのが2Bの声をやった石川由衣さんなものだから、パッと見は本当に2Bなんですよね。
でも、動くとやっぱり二号で。
2Bでも、私たちの知ってるA2でもない。
本当に、ごくフツーの女の子って感じで。
それが、次第にヨルハたちのリーダーとして目覚めて行って、最後にはA2になる……というのが、なんとも。
レジスタンスのリーダー、ローズは、二号にとっては、リーダーとしての先輩というか、「リーダーとはこういうもの」と教えてくれた人物だったのかな~と見ていて思いました。
にしても、最後のところの、指をクイクイ(挑発)は、見た途端に「うわ、A2だ!」って思いましたよ、本当に。

今回の舞台は音楽劇ということで、二号、四号、二十一号の三人が、ゲーム内では造語の歌詞の付いている曲を、それぞれ新しい日本語の歌詞で歌いました。
さすがに三人とも歌が上手いうえに、それぞれシーンに合っていて、もうめちゃくちゃよかったです。
特に、二十一号のシーンはどうなるかを(小説を読んで)知っていただけに、もう、見ててうわ~って感じでした。
あと、ゲームの方の曲を歌っていたエミ・エヴァンスさんと河野満里奈さんの二人も出演していて、ところどころで歌を披露。
これも、芝居部分からのつながりがすごくスムーズで、いい感じでした。
エンディングの曲のところは、スクリーンの映像がゲーム内のもの(テロップはこの舞台のものでしたが)だったもので、見ていて「まるでBエンドみたいじゃないか~」とちょっと思ったりしましたが、内容的にはBエンドよりヒドイという気が……(;^ω^)

ヒドイといえば、今回の新キャラ、デイジー。
ヨルハたちとレジスタンスの面々が仲良くなって行く過程では、なごませ役というか、お笑い担当っぽい感じだったのに、最後の最後で、防御型だったがために生き残ってしまい、しかも、タームの二人に利用されてしまうという成り行きに。
……まあ、二号とアネモネ以外は全員死亡だったはずなのに、デイジーが生きてて、「これは絶対、何かあるよな」とは思いましたけど。
あと、ガーベラは見ていて、ゲームの方に登場するジャッカスみたいだよな~と思いました。
彼女も、前半ではなごませ役というか、笑わせ役だった気がします。

ところで、このころはまだ司令官は人類が実は滅んでしまっているってことを知らなかったんでしょうか。
人類会議にヨルハたちへの援軍要請を断られて苦悩するシーンがあったわけですが。
シーンそのものはすごく、司令官の心情が知れてよかったな~と思いましたが、そこがちょっと疑問でした。
まあ、舞台の設定としては「人類は月に逃れている」ことになっているので、それに沿ったやりとりってことだったのかもしれませんが。
そして、最後の方で、オペレーターのヨツバとフタバが再フォーマットされるあたりは、人類会議の非情さをまざまざと見せつけられるのでした。

ともあれ、2時間半があっという間の舞台でした。
まだタイムシフトがあるので、もう1回見ようとは思ってますが、時間があって集中して見られる日を選ばないとな~と思ってます。
あと、アフタートークが放送されなかったのは、残念でした。
出演者のリスト見て、ヨコオさんと斎藤さんが出るんだ~と楽しみにしてたんですが。
ブルーレイの方に、特典映像とかでこれも入れてもらえるといいんですけどね~。

0

0 コメント:

コメントを投稿